生産地紹介(漁場)

漁場は東京湾の木更津市・金田地区の沖の盤洲干潟です。
昔から遺す砂質の遠浅な漁場です。
漁場は冬場には海苔養殖の柵が立ち、春から秋にかけては200人以上の漁師がアサリやバカガイの漁を行います。
養貝場と呼ばれる稚貝を撒いて育てる場所、潮干狩り場以外は稚貝も撒かず自然着底する天然のアサリ漁場(平場と呼ばれます)になっています。
お届けするアサリは平場で獲れる天然アサリになります。
より大きな地図で アサリ漁場 を表示

ページトップ