漁や漁具について

 アサリ漁の道具

ジョレン(※当地方ではアサリ籠、腰マキ、カッチャグリとも呼びます)今は総ステンレス製で地元の鍛冶屋で作る。目の大きさ(バカガイ用の7分〜種アサリ用3分)で何台も所有してます。形も大きさも作る鍛冶屋によって違いが有ります。 通常は刃口が12枚。人によっては11枚や13枚のモノもあります。この刃口で干潟の砂を起こして掘ります。幅1.7cm、長さ12cmですが、これも鍛冶屋の作りによっても違いが有ります。
体の腰にコシと呼ばれるモノを巻き、ハイヨと呼ばれるロープをジョレンと繋ぎ、後ろへ下がり砂を抜きながら漁をします。深い時は胸から首まで浸かり(夏場)、浅い時は踝(くるぶし)位の水位でも漁をします。 アサリや殻・他の貝類も一緒に船上に水揚げします。ジョレン本体の重さは13kg〜15kg。アサリなどが入ると30kgから重い時は50kgにもなることがあります。
その後、このガタと呼ばれる道具で選別します。自宅のガタは全て自分で作ったものです。互の目にステンレスの棒を並べ振るい分けしやすくしてあります。目の大きさも3分から7分まで5厘単位で何通りもの大きさで作り所有してます。木枠ではなくステンレスで溶接したものもあります。 計量は重量ではなく、1斗樽で測ります。1斗で1杯15kg入ります。それをブルーのネットに入れて組合や仲買に出荷します。樽は木製の物もありますが、これはステンレスのパンチング穴の開いた物で特注品です。
画像カミングスーン 画像カミングスーン
胴長靴(ウェーダー) アカトリ
ページトップ